無計画計画

手品をやってる人のブログ。

巾着田曼殊沙華公園に行ってきました

こんにちは、とっっってもお久しぶりです。


かれこれ3週間ほど東京滞在していますが、

振り返ってみると、労働・手品・その他が6・3・1の割合で生活していた気がします。

今回、9月の頭のマジックコンベンションの参加のために、東京に行きましたが、
帰りもマジックのイベントを観た後に、飛行機でびゅんと帰ります。

はじまりと終わりを手品で占められるというのは、嬉しいです。





さて、昨日は、曼殊沙華を見に行ってきました!

私、曼殊沙華こと彼岸花が好きなんです。

花の中で、一番好きですね。

f:id:kurinorikumagic:20170922084344j:plain

綺麗な赤い花です。

形状は、珍しいですね。

写真だと分かりづらいと思いますが、6枚の花弁が放射状についています。

球根性の植物です。

ちなみに、球根は、一個400円くらいで売られていました。


秋分の日の頃が、見頃のこの花。


折角だから、群生地まで行ってみよう!


ということで、埼玉県日高市にある巾着田曼殊沙華公園に向かいました。

巾着田は、「きんちゃくだ」と読みます。)

後から知ったことなんですが、私がそこに行った前日に、なんと天皇陛下が来られていたということでした!

天皇陛下は、付近の、高麗神社(「こまじんじゃ」と読みます)への参拝が主目的だったのでしょうね。

因みに、高麗神社は朝鮮半島にゆかりのある場所です。



私が訪れたのが平日の昼間なのに、人がやたらと多かったのは、天皇陛下が昨日来られたから、なのかもしれません。


f:id:kurinorikumagic:20170922083835j:plain
500万本の曼殊沙華群生地。

まるで赤いじゅうたんのように、見事に咲き誇ります。


付近に、高麗川という川がありますが、その川の氾濫、増水によって、球根が拡散していったのでは、ということでした。


こちらは、曼殊沙華公園にて配布されていたパンフレットです。
f:id:kurinorikumagic:20170922091737j:plain


この写真の青い部分が高麗川で、見てみると、蛇行しているのが分かりますね。

この蛇行した形が、まるで巾着のような形をしているから、という理由で、地名が「巾着田」となったそうです。

た、確かに巾着っぽい形・・・!

こういう風に名付けをする人間の想像力ってたくましいよなって毎度思います。



曼殊沙華公園では、花が見れる期間として、

9/10~10/15

が設定されています。

が、私が9/21に行った時点で既に枯れているものもあったので、

行くなら今週末に行くのが見頃としてはラストではないかな~と思います。


昨日見た感じだと、10月まではもたなそう。

興味がある方は、こちらの公式ページを確認してみてください。
日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページ

入園料は、大人300円、中学生以下は無料です。

ちなみに、駐車場の料金は、見たところはすべて、一日利用500円となっていました。

臨時駐車場も至る所で見かけました。結構、人気スポットなんですかね。

平日でさえ多かったから、今週末はもっと多いんだろうなあ。



さて、ラストは、この写真で。

f:id:kurinorikumagic:20170922083849j:plain
木漏れ日がまたすごく綺麗。写真だと表現しきれなかったけども。

曼殊沙華公園、いいところでした。

また是非、行きたい場所です。



ではでは、今日はこの辺で!