無計画計画

手品をやってる人のブログ。

ダロー師についての思い出とか

こんばんは。

かなりうちわ向けの手品の話をします。


ふと思い立って、本日はダロー師のFantastic Knotを練習しました。

●Fantastic Knot
赤いロープと白いロープを使ったマジック。結び目が一方のロープに移動したり、消失したり、最後には結び目がロープに溶けてしまう現象。

ですね。

私、昨年度ダロー師とは、箱根のクロースアップ祭と山口県でのレクチャーでお会いしたのですが、明るくて楽しくて、とても好きなマジシャンです。自分が一番はじめに苦労して、よっしゃって覚えたのが、カードボードカメレオンということもありますし、ダロー師は自分にとってなかなかに大きな存在です。
今年の2月末に訃報が届いたときは、悲しかったなあ・・・


ダロー氏との思い出と言えば、一番に思いつくのはコインロールです。
レクチャー会場で何気なくコインロールをやってたら、ダロー氏に「わお。娘に見せてやりたい!ムービー撮らせて!」って言われたのは良き思い出。

あとコインズ・アクロスを見せたんだっけなあ。あの時、初めてプロマジシャンに手品見せました。緊張した。
あ、そういえばスノーシューサンドイッチも好きだったので、ダロー師に見せちょって拙い英語でお願いしたら、断られました。マジシャンの乾燥問題です。年取ると、乾燥するし、もう今はやってないんだって言われました。残念。



ファンタスティックノットに話を戻しますが、道具を自分で綺麗に作る技術もなかったので、普通にレクチャー会場で商品を買いました。
自分で作れそうなんですけどね、、、、あれ。一回自分で作ってみたけど、例の箇所の仕上がりが汚くて・・・

商品となると、流石にやはり見た目が綺麗です。


しかーし、練習するときになって、一つ問題点に気付きました。ダロー師が扱いやすいサイズが標準規格となっているのでしょう、私にはロープが少々長いという。。
ほんとにまあ、しょうがないよね。。
長さは図ってみたのですが、大雑把な計測で100センチくらいでした。

長い。100センチは長い。私の身長の3分の2の長さ。使えなくはないんですけどね。もう少し短い方が扱いやすいですし、自分の体に合ってないロープって、あまり見栄えも良くないんですよね。

うーむ。。

とまあそんなことを思いながらの、練習でした。


ではでは。