無計画計画

手品をやってる人のブログ。

「~しなければならない」と「常識」について

こんにちは。

今日のは、単なるぼやき記事です。



●「しなければならない」について

「~しなければ、ならない」

この言葉が私はどうも苦手です。

世の中に、「しなければ、ならないこと」は、私は存在しないと思っています。

(勿論、日本国憲法で定められた国民の義務とかは除外しますヨ。)


「礼儀正しくしなければならない」
「男は・女は~しなければならない」
「目標は持たなければならない」


別に、法律で決まってるわけでもないけれど、

人が「~しなければならない」と思えるようなことは世の中たくさんあります。

それらのことは、スムーズに日常生活を送ったり、スムーズに事を進めるためには、確かに大切です。

けれど、それらのことは、人々のそれまでの常識から成り立っているだけで、本来、絶対的なものではないはずです。

「しなければならない」と考えてしまうようなことは、
本来は「しなくてもいいこと」のはずです。



「しなければならない」と思考を一本化するのではなく、

「したほうがいい」、「しなくてもいい」など、思考に幅を持たすことが大事だと自分は思っています。


_______________________


●常識について

「しなければならない」を作るのは、常識です。

では、常識とは、一体誰が作ったのかというと、今まで生きてきた人々に他なりません。

過去の人間が、社会の中で生きやすくするために、何となく共有してきたルールが、常識です。

ということは、当然社会が変われば、常識も変わります。

常識は普遍的なものではなく、変動的なものといえます。



常識がうつろうものである以上、

本来はすべからく疑うべき対象となりえますが、

全てを否定して、一から考えることはなかなか困難な作業でもあります。

常識に従うことは、頭を使わなくても済むので、とても楽チンです。

社会のコミュニティの中で、和を乱すことなく、過ごせます。

けれど、そこに慣れきってしまった時には、ある問題も生じます。

それは、自分の個性が「標準化」して、ならされるということ。

例えると、でこぼこ道が、舗装された道になるのと同じです。
便利だけど、同じ景色。

まあ便利なんだけどねー。
________________________


常識に対して自分が違和感を覚えたのなら、それはチャンスです。

何故自分が違和感を覚えるのか、考えてみる時です。

答えがその時に出るか出ないかは重要ではないです。

常識(一般ルール)を知った上で、そこから脱却して、再構築をする。


常識は、常に自分の目の前に存在しているものですが、

人は生きていく上で、それを加筆修正して、自分の常識を作り上げていく必要があると思っています。

少なくとも、自分はその作業を大切にしていきたいと考えています。



駄文をだらだらと書いてしまいましたが、本日はこれにて。

「MAGIC JAPAN」東京公演に行ってきましたー

9月23日に「MAGIC JAPAN」の東京公演に行って参りました。


「MAGIC JAPAN」って何なのさ、という方。多いと思います。

「FISM」だって一般の人には浸透していないのに、「MAGIC JAPAN」なんて尚更、、、、。

というわけで、公式HPの言葉をお借りして、MAGIC JAPANとは何かと説明致します。


●MAGIC JAPANとは
 マジックの世界にもオリンピックのような世界大会がある。3年に1度開催される、FISMマジック世界大会。
通称「FISM」と呼ばれる。
 “MAGIC JAPAN” は、そのFISM2017で、比較的少人数の観客に対して至近距離でマジックを演じる、クロースアップ・マジック部門の日本代表に選抜された、野島伸幸、ジョニオ!、ユウリ、高重翔、RYU-KAの5人で結成された、現在進行形で日本最強とも言える新進気鋭のマジシャンチームである。

 以前より交流の深い5人は、日本代表に選抜されたことで、よりお互いを高めあえるようチームを結成、ショー・ライブ・創作・表現など、マジックにおける新たな可能性のアプローチを発信していく。



公式HPのリンクも貼っておきます。
magic-japan.jp





はい。マジックの世界にも、オリンピック的なものがあるんです。

それが「FISM」。

そして、来年度、韓国の釜山にて行われる「FISM」大会に出るためには、

まず今年の秋に岐阜県にて開催される「FISM ASIA」という大会に出場して、勝ち残る必要があるというわけなんですね。

MAGIC JAPANのメンバーは、日本で行われたコンテストを勝ち抜いて、FISMへの挑戦権をgetした猛者達です。


そんな彼らのショーが、9月23日に東京でありましたよ、というお話です。




さて、説明はこのあたりに致しまして、観覧レポを書ける範囲で書きたいと思います。


場所は、ウワサの手品家新宿店にて。

新宿駅の東口改札を出て、歌舞伎町の方へ向かうと、すぐ着きます。

(手品家は今まで、岡山店に行ったことがあるだけなので、次は新宿店に通常営業時に、行ってみたい!)


因みに、ショーのMC担当を務めていたのは、手品家新宿店の方でした。

シギさんとなおとさん

お二人とも、観客を退屈させないようにお話しするのがうまいなーという印象です。




そして、肝心要のショーの内について。


結論から言うと、とても楽しい2時間を過ごせました!!!


前半は、一人一演目ずつ、簡単な自己紹介をしながら、順繰りパフォーマンス。

それを二周やったので、一人あたり合計2演目行う、といったかんじでした。


私は、早めに会場入りしたので、幸いなことに、最前列の真ん中という一番良い席に座りました。

誰かの頭で見えないというストレスを感じずに、ショーを見れたのはささやかながら嬉しかった・・・。

あと、一番前の真ん中となると、壇上に上がる確率が高くなるかもしれないと後から気づいたけど、

私の隣の女性のお客様が非常に反応が良い方で、演者の方は大体、その方を壇上に上げていました。その選択眼は正しいと思います!!



野島さんは、ロープと日用品マジックコーナー。

ユウリさんは、物体の移動現象とケビンジェームスの例のアクトを彷彿させる演技。

最後のバラの出現で、ステージにあがった女性のお客さんがすごい喜んでいたのを見て、
妙にほっとしました。自分があげられなくて良かった・・・(>_<)

RYU-KAさんは、バラとコイン。オサレな雰囲気でした。

ジョニオ!さんは、フランスパンを使っての客いじりが面白かったです。
黙って歩くだけで、会場から笑いがこぼれてたなあ。
以前、岩国で見た単独ショーの時よりもさらに、客いじりと見せ方が上手くなっておられました。

そして、高重翔さんは、トランプと美麗なリングの演技。
リングの演技もう一回見たい。やっぱり綺麗ですね。



そして、休憩の後、みなさまお待ちかねのコンテストのアクトを披露となります。


とにかく、私の中では、野島さんが、ぶっ飛びすぎて、凄かったです。

「不可能を可能にするのがマジックです」なんて文言を聞いたことがありますが、野島さんの見せるマジック

は、ほんとにそれです。

あまりにも不可能性が高いので、私も見ながら、「えっ?嘘でしょ。まさか、ありえないでしょ」

とぼやいてしまいました。

私の中で、野島さんはマジッククリエイターだし、見た目サラリーマンっぽいし、

パフォーマーとしては、他のメンバーの方が、魅せるのは上手そうだなあなんて思っていたのですが、

そんな通念は見事に吹き飛ばされました。

初めて見た野島さんの生パフォーマンスは、とかく凄まじかったです。



そして、高重翔さん!

翔さんは、直接ではないですが、私の先輩にあたる人です。

山口県のマジシャンということで、親交があるのと、

初めて会った時から、リスペクトしていましたが、今回のショーで、またさらに憧れが増しました。。


何もないところから、コインが現れて、消えて・・・。

本当に魔法のように、何もないところからコインが次々出てきます。

私の後ろの外人さんも、ショーの最中何度か、「Wow・・・」と感嘆の声をもらしていました。

雰囲気も技術も抜群。会場のみな、しっかりと翔さんのパフォーマンスに魅入っていました。



私が、コンテストアクトで、とても良く印象に残ったのは、このお二人でした。

ジョニオ!さんは途中で、トラブルが起きたのが残念でしたね・・・。


何はともあれ、2時間にわたっての楽しいショーを見せていただき、ありがとうございました。

MAGIC JAPANのメンバーのみなさん、一か月後の岐阜での予選突破を応援しています!



ではでは~。

巾着田曼殊沙華公園に行ってきました

こんにちは、とっっってもお久しぶりです。


かれこれ3週間ほど東京滞在していますが、

振り返ってみると、労働・手品・その他が6・3・1の割合で生活していた気がします。

今回、9月の頭のマジックコンベンションの参加のために、東京に行きましたが、
帰りもマジックのイベントを観た後に、飛行機でびゅんと帰ります。

はじまりと終わりを手品で占められるというのは、嬉しいです。





さて、昨日は、曼殊沙華を見に行ってきました!

私、曼殊沙華こと彼岸花が好きなんです。

花の中で、一番好きですね。

f:id:kurinorikumagic:20170922084344j:plain

綺麗な赤い花です。

形状は、珍しいですね。

写真だと分かりづらいと思いますが、6枚の花弁が放射状についています。

球根性の植物です。

ちなみに、球根は、一個400円くらいで売られていました。


秋分の日の頃が、見頃のこの花。


折角だから、群生地まで行ってみよう!


ということで、埼玉県日高市にある巾着田曼殊沙華公園に向かいました。

巾着田は、「きんちゃくだ」と読みます。)

後から知ったことなんですが、私がそこに行った前日に、なんと天皇陛下が来られていたということでした!

天皇陛下は、付近の、高麗神社(「こまじんじゃ」と読みます)への参拝が主目的だったのでしょうね。

因みに、高麗神社は朝鮮半島にゆかりのある場所です。



私が訪れたのが平日の昼間なのに、人がやたらと多かったのは、天皇陛下が昨日来られたから、なのかもしれません。


f:id:kurinorikumagic:20170922083835j:plain
500万本の曼殊沙華群生地。

まるで赤いじゅうたんのように、見事に咲き誇ります。


付近に、高麗川という川がありますが、その川の氾濫、増水によって、球根が拡散していったのでは、ということでした。


こちらは、曼殊沙華公園にて配布されていたパンフレットです。
f:id:kurinorikumagic:20170922091737j:plain


この写真の青い部分が高麗川で、見てみると、蛇行しているのが分かりますね。

この蛇行した形が、まるで巾着のような形をしているから、という理由で、地名が「巾着田」となったそうです。

た、確かに巾着っぽい形・・・!

こういう風に名付けをする人間の想像力ってたくましいよなって毎度思います。



曼殊沙華公園では、花が見れる期間として、

9/10~10/15

が設定されています。

が、私が9/21に行った時点で既に枯れているものもあったので、

行くなら今週末に行くのが見頃としてはラストではないかな~と思います。


昨日見た感じだと、10月まではもたなそう。

興味がある方は、こちらの公式ページを確認してみてください。
日高市・曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページ

入園料は、大人300円、中学生以下は無料です。

ちなみに、駐車場の料金は、見たところはすべて、一日利用500円となっていました。

臨時駐車場も至る所で見かけました。結構、人気スポットなんですかね。

平日でさえ多かったから、今週末はもっと多いんだろうなあ。



さて、ラストは、この写真で。

f:id:kurinorikumagic:20170922083849j:plain
木漏れ日がまたすごく綺麗。写真だと表現しきれなかったけども。

曼殊沙華公園、いいところでした。

また是非、行きたい場所です。



ではでは、今日はこの辺で!